comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

落語とポリフォニー

例えば小三治さんの『かぼちゃ屋』を聴いていると、ストーリーとしての文言の中に「もっとまともな人間になってくれ」という、おじさんの与太に対する熱いきもちを感じることができる。そのとき、この噺は単なる与太 …

福山の建物

落語における仕草

先日(2021年7月10日(土))、わたしの職場であるデイサービス・サンシャイン南蟹屋(https://www.sunshine-m.jp)のレクリエーションで「落語」を演らせていただいた。 昨年4月 …

落語と漫才

Wikipediaによると、「日本伝統芸能」とは、明治期以前からあった芸術・技能で、明治期以降も存在しているもの、と定義されている。この日本伝統芸能を形式で分けると、歌、日本舞踊、演劇、音曲、演芸、工 …

落語は移ろう。

落語の魅力はなんと言ってもシンプルな所。 舞台装置は何も要らない、 扇子と手ぬぐいだけ持って 座布団の上で喋るだけ。 200年だか300年前の噺を先輩から教わり 忘れないうちに座布団の上で話そうという …

落語と”Keep Your Name”

最近のことだけど、Apple Musicを利用していてDirty Projectorsという音楽バンド(なんて言う?)を知ったのだけど、そのバンドのアルバム『Dirty Projectors』(201 …

200707-->