美術

落語は移ろう。

投稿日:2017年8月28日 更新日:

落語の魅力はなんと言ってもシンプルな所。

舞台装置は何も要らない、
扇子と手ぬぐいだけ持って
座布団の上で喋るだけ。

200年だか300年前の噺を先輩から教わり
忘れないうちに座布団の上で話そうというだけ。

 

おい、
あそこに行くオンナ、
いい女だねぇ!

というだけで
お客さんの頭の中にその人にとっての
いいオンナが現れる。

カラスかぁで世が明けて
というだけで
朝が来る。

それから5年の間
脇目も振らずに働いた
ある日の朝
店の前に現れましたのはあの時の女。

というだけで5年の歳月。
5年の歳月でうらぶれた?オンナが現れる。

あれから
中国にわたり
九州を周り広島の宿にて病に伏せ

時間と空間を自由自在に行き来できるのに
なんの舞台装置も要らない。

 

紙と鉛筆さえあれば良い
小説の中の物語もそうかもしれないけど
落語はさらに自由で何の縛りも取り決めも
ない。

ただどうしても必要なのはお客様の想像力。

同じ旅程の落語ツアーだけど
十人十色の旅行となる。

旗持った演者が
皆さーん此方ですよー!
迷子にならないようちゃんとついて来てくださいねぇ!
いくら声を枯らしても
お客様はあっちの土産屋
こっちの雑貨屋、トイレ何処〜?と
好き勝手。

かく言う私だって「子別れ」で行方が気になるのは熊公家族ではなく花魁。
女房子供を追い出した熊さんのうちに
転がり込んで来た花魁。
朝は寝てる昼も寝てる夜帰って来てもまだ寝てる。酒は昼間から。時に酔っ払って近所の子供を引き連れて花魁道中の真似事。
あっという間に出て行った。

その後の花魁。

彼女の居場所は一体何処かにあるのだろうか?

ただのヤサぐれた甲斐性無しなのだろうか?

 

やはり野におけ蓮華草。

色町へ舞い戻ってしまったのかしら?

色町から飛び出せたのに
やはり舞い戻ってしまったのかしら?

 

シンプル故想像力は無限に広がる。

移ろい続ける落語。

 

 

 

 

 

 

 

 

-美術

執筆者:


  1. takabululue より:

    「ここは宇宙」と言っただけで、そこに宇宙が広がる。そう言ったのは映画『ラヂオの時間』の中のラジオドラマのディレクター(西村雅彦)でした。落語はだからラジオドラマの要素も持っているんですね。しかし落語はラジオドラマと違って、声だけじゃなく、仕草をはじめとする、見るドラマ、の要素もあります。今回わたしはその部分に挑戦中w。『睨み返し』、最高です!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

落語とポリフォニー

例えば小三治さんの『かぼちゃ屋』を聴いていると、ストーリーとしての文言の中に「もっとまともな人間になってくれ」という、おじさんの与太に対する熱いきもちを感じることができる。そのとき、この噺は単なる与太 …

落語と漫才

Wikipediaによると、「日本伝統芸能」とは、明治期以前からあった芸術・技能で、明治期以降も存在しているもの、と定義されている。この日本伝統芸能を形式で分けると、歌、日本舞踊、演劇、音曲、演芸、工 …

落語の「落ち」ってなんだろう?

+問題提示:「落ち」ってなんだろう? 落語は落とし噺といわれるように、ひとつの噺の最後に「落ち」と呼ばれる一言があって完結します。 でも「落ち」というと、なにか落下する、降下するというイメージがあるせ …

落語と”Keep Your Name”

最近のことだけど、Apple Musicを利用していてDirty Projectorsという音楽バンド(なんて言う?)を知ったのだけど、そのバンドのアルバム『Dirty Projectors』(201 …

200707-->